農家民宿 かじか村

宮城県登米市 宿泊の農家民宿 かじか村 です。築150年の農家をリフォームした里山体験型の民宿です。グリーンツーリズム・里山の保全活動に取り組んでおり、毎月第二日曜日「里山づくりは健康づくり」など開催しております。
自然豊かな登米市東和町米谷地区は、昔ながらの里山の風景が広がっています。

かじか村 の目の前を流れる小川には、カジカや沢蟹が生息し、施設内では日本ミツバチも育成しており、宿泊だけでなく、日帰りでお楽しみいただける里山体験プログラムをご用意しております。

四季折々の風景を楽しみながら、ゆったりした時間をお過ごし下さい。里山の自然食材を中心とした手作り料理・ジビエ料理をご用意してお待ちしております。

一年を通した里山体験

農家民宿かじか村室内

築150年の農家をリフォームした農家民宿

築150年の農家をリフォームした里山体験型の民宿です。

農家民宿かじか村 棚田と水車

自然豊かな登米市東和町米谷地区

自然豊かな登米市東和町米谷地区は、昔ながらの里山の風景が広がっており、散策やトレッキングなどに適しています。

ジビエ料理 山鳥(やまどり)のロースト

ジビエ料理

旬の山菜やお魚・ジビエ料理などをご用意(事前予約・別料金)することもできますので是非ご相談ください。

里山体験メニュー

自然豊かなかじか村では、四季を通した様々な里山活動を楽しむことが出来ます。

農家民宿かじか村 清流

カジカが生息する小川

かじか村の目の前を流れる小川は、カジカや沢蟹が生息し、施設内では日本ミツバチも育成しております。
流れも穏やかで小さなお子様も遊べる環境です。

キャンプ・オートキャンプ

キャンプやオートキャンプでのご利用も可能です。夜は満天の星空が楽しめます。コミュニティーハウスでの宿泊も可能です。

相川マタギ会21

相川マタギ会21は、主旨に賛同し、活動に参加する会員を募集しています。地元の皆さんと健康づくり、生きがいづくりの仲間になりませんか?

平成15年3月21日地域住民グループが、かじか村を拠点として「相川マタギ会21」を立ち上げました。もちろん狩猟も行いますが、捕って消費するだけのマタギではなく 自然の恵みに感謝し、保全や育成活動を自ら実践して自然に応える、 21世紀型のマタギ会です。